年代別で使いやすさが変わるリキッドファンデーション

リキッドファンデーションはどの年代にも適していますが、年代別で使いやすさが変わります。まず、20代は若々しい肌を活かしたベースメイクが肌を美しく見せます。水分量を多く含むさらっとした使用感のものが使いやすく、透明感のあるツヤ肌に仕上がるものが人気です。そのうえでポイントメイクをしっかりすると、より素肌の美しさが引き立ちます。30代は隠したい部分も増えてくるため、カバー力がありながらも、ナチュラルな仕上がりになるリキッドファンデーションが選ばれています。肌の保水力が低下するため、保湿成分がたくさん含まれているものを選ぶと、日中の乾燥も防ぐことができます。40代では、肌の悩みが顕著に目立つようになります。そのため、肌に密着してカバー力の高いリキッドファンデーションが適しています。特にコクのあるクリームタイプは使いやすく、滑らかな肌に見せます。美容成分が多く含まれていると肌に負担がかからず、メイクをしながらスキンケア効果も得ることができます。50代になると、シミ・シワ、たるみなど、様々な肌の悩みを複合的にカバーしなければいけません。カバー力と保湿力に加えて、エイジングケアが必要になります。そのため年齢肌に働きかける美容成分が含まれるリキッドファンデーションが使いやすいです。また、微粒子のラメやパールが入っているものは、厚塗りをしなくても光の反射作用で隠したい部分を自然にカバーしてくれます。
リキッドファンデーションについてはここを見るとすごく勉強になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です